2015年11月10日

母なるM★A★S★H』

母の愛は時に真実を歪めてしまう. いや真実が何であるのかさえ分からなくさせてしまう. そして何が真実であってもその愛の深さで全てを消し去ってしまう. そんな恐ろしさをまざまざと感じる映画でした. やはりポン・ジュノ監督の緊張感ある演出は凄いです. そしてブラックユーモアたっぷりなそのセンスは恐ろしいまでに素晴らしいです. これはまさに必見の傑作ですよ. 母の愛を描いている映画なのに、いきなり何もない野原で一人ゆっくりと踊りだすキム・ヘジャ. まずこのOPの妙な違和感が強烈です. そしてこの観客の心に深く残る妙な違和感が映画の中盤とラストでどんな繋がり方をするのか. これはまさに必見としか言い様のない凄さだと思います. 当初は知的障害のある息子の無実を証明するために東奔西走する母親の執念を描いたものかと思っていたこの映画ですが、面会所で母親が奇声をあげて泣き崩れて以降からはその執念が恐ろしいまでの狂気の愛へと変貌していくんですよね. またそこで見せるポン・ジュノ監督のブラックユーモアたっぷりな演出がとにかく凄いこと. 前半でも女子高生の遺体を見上げながら刑事たちが「殺人事件なんて何年ぶりだ? 」と会話をするブラックさや、ジンテの家からゴルフのクラブを母親が盗み出して忍び足で逃げるシーンのペットボトルの水がジンテの指に触れる緊張感などいろいろあったのですが、鼻血を出した女の子が被害者だと分かってからの廃業した遊園地で高校生たちをジンテが拷問するシーンや雨の中事件現場を再度訪れる母親の冷たいまでの冷静さは恐怖すら感じるほど. さらに廃材屋で怒りと狂気のあまりに母親が発狂する姿も単に息子の無実を信じる母の愛以上に、何が真実であろうと自分が受け入れなければ真実は真実でないということを体現しているかのようでした. 特に顔全体に返り血を浴びていながら、まるで顔の汚れを何気に拭くかのような場違いな仕草. そして炎に全ての消去を任せ、一人野原に赴く無機質さ. この恐ろしさは凄いです. そして圧巻だったのはトジュンに鍼治療の道具を渡され、バスの中で悪い記憶を消すツボに鍼を刺した母親の姿をバスの外から撮るあのラスト. あの瞬間、この映画は「とある母親の映画」から「全ての母親の映画」へと昇華したと思うんですよね. 何もこの母親だけではない. 全ての母の愛はいつでも狂気の愛へと変貌する. そんな人間の内に潜む恐ろしさをこんな演出で見せるとは、さすがポン・ジュノ監督! その他にもこの世界は汚いと言わんばかりにぬかるんで足場の悪いシーンが数多く登場したり、権力にすがる者は無能だと表現するかのようにアホな弁護士や怠慢な警察が登場したり、子供のことになると周囲が見えなくなる母親同士の喧嘩を高台から酒瓶を捨てることで嘲笑うかのように描いてみたり、貧困が招く性の低年齢化をストレートに描いてみたりなど、ポン・ジュノ監督のブラックユーモアたっぷりな演出の凄さは本当に素晴らしかったです. やはりこのポン・ジュノ監督作品は毎度見逃せない傑作ばかりですよ. 深夜らじお@の映画館 はポン・ジュノ監督に一生ついていきます.

コードマスターズより、2012年8月30日に発売予定のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『 DiRT Showdown(ダート ショーダウン) 』の公式サイトが本日(2012年5月31日)更新. 最新情報が公開された. 今回公開されたのは、本作に収録される全10種類のレースカテゴリーに関する内容と、マイアミの街を疾走する模様や暗闇の中でミニクーパーを巧みに操作する様子が確認できるスクリーンショット. そして、本作の醍醐味である、"破壊"が勝敗を分けるレースの数々やそこで勝つためのヒントなどが収録されたムービーとなっている. 再生するにはプラグインが必要です. (C)2011 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters"(R), "EGO"(R), the Codemasters logo and "DiRT"(R) are registered trademarks owned by Codemasters. "Showdown"TM is a trademark of Codemasters. All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license. Developed and published by Codemasters. アシックス バッシュ ※画面は開発中のものです. マジメ一辺倒に戦争をやっているヤツの方が狂っている. 最前線の野戦病院に必要なのは、軍規よりもマトモな精神を保つためのゲスなオフザケとマティーニとゴルフと賭け事だけ. ベトナム反戦映画として撮りたかったものの、権力により朝鮮戦争を舞台にして反戦をコメディで訴えたこの傑作. マジメ一辺倒な方ほど嫌悪感を抱くオフザケの連発がとにかく最高に面白い映画でしたよ. どんな職場や組織でもマジメ一辺倒な方は困り者です. もちろん規律を守ることは大切なことですが、ただ規律というのは基本的に大まかなルール. 現場では常に現場のやり方を重視されるべきであり、規律ばかりを重視してしまうと実は仕事の効率が落ち、人間関係が破綻に近づくだけなんですよね. この映画でも3人の型破り医師ホークアイ、デューク、トラッパーは軍規を無視してやりたい放題ですが、ただ瀕死の兵士たちへの手術に関しては一切の手抜きはしない名医ばかり. 看護士との連携も良く、若い医師に対して暴言を吐くこともない. 野戦病院という最前線に近い職場で精神がいつ狂ってもおかしくない状況下の中で、これだけハイレベルな仕事をこなすために何が必要なのかもしっかり分かっている. つまり彼らのゲスなオフザケは全て極度のストレスに精神が狂わないようにするためのガス抜きであり、そのオフザケのムチャクチャぶりが戦争が人間の精神にもたらすストレスの大きさを表すバロメーターになっているんですよね. ですから「熱い唇」と名づけた女性将校の熱い夜を軍放送で生中継したり、この女性将校が本物の金髪かどうか確かめるためにシャワー小屋を壊したり、男性的不能を理由に自殺したいと相談を持ちかける歯科医に対して長机で最後の晩餐をした挙句に男好きの帰還ナースをあてがったりとゲスなオフザケを連発しまくってますが、それで彼らの仕事ぶりが落ちた形跡は一切なし. むしろ九州小倉まで出向いて手術するくらい頼られる名医であるのは、全てオフザケに興じることで自分の精神をセルフコントロールしてきたおかげなんですよね. そんな彼らを端的に表現したのが後半で描かれる、公民権運動が盛んな時代にも関わらず勝つためだけに黒人医師を呼び込んだ賭けアメフト. そもそもアメフトというスポーツ自体ルールがあることはあっても、実際のプレーは半ば何でもありの世界. 大まかな規律の中で最低限のことを守っていればあとは何でもござれというのは、まさにこのハチャメチャ医師たちがいる野戦病院と同じ. 敵の高速RBを途中退場させるためにどさくさに紛れて注射を打つのも、注射を打つこと自体アメフトではもちろんルール違反ですが、でもきちんと消毒液を塗ってから注射を打つという医師としての仕事ぶりを落とさないプロ根性. そしてそんなシーンもしっかりと描いているのも、ロバ-ト・アルトマン監督の映画監督としてのプロ根性なんでしょうね. 規律ばかりを重視する人間は実は規律でしか自分を守れない弱いヤツ. 逆に他人が作った規律よりも現場に即した方法を採用できる人間は自分で自分を守れる強いヤツ. 心に余裕が持てなければオフザケも出来ない. オフザケが出来るのは現場の状況を的確に把握している証拠. 主題歌「自殺のすすめ」も心に余裕があるからこそ選曲できたという証拠なんでしょうね. 深夜らじお@の映画館 もゲスなオフザケが大好きです. ※お知らせとお願い ■ 【元町映画館】 に行こう.
posted by Oomura希良梨 at 00:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。